紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE
ゆうのゆう
  • [A057]

ゆうのゆう YU-NO-YU

Japan / 日本

  • 審査員・レビュアー
    レコメンド

下のボタンより作家とお話しができます。
You can talk to artists online. Please press this button

※反映までに多少のお時間がかかります。
It will take some time for the site to reflect this.

プロフィール / Profile

 
【ゆうのゆうについて】
私たちは、重症心身障害者と呼ばれる人達と、その介助者のチームです。
ビー玉の軌跡を用いた絵画作品を制作しています。
 
重い障害を”できない”の理由とせず、自分らしく社会にコミットしていく事を
作品を通じ伝えたいと考えています。



【制作手法について】
重い障害がある故に、介助者なしに作品を作ることは難しく、
一方で介助の度合いが強過ぎれば、作品は介助者のものとなってしまいます。

「随意」と「不随意」の間で揺れるビー玉の軌跡を用いて描く事は、
重い障害のある人も置き去りにせず、また介助者も排除しない為の制作手法です。


絵の具が絡んだビー玉は、制作者の意図した方向に動いている様にも見えます。
しかし、その「随意」の動きに抗する「不随意」の動きが存在し、ビー玉は思わぬ方向へと転がっていきます。
脳性麻痺による「不随意」の動きが「随意」の動きと交わる事で、介助者の意図に支配されない作品が生まれます。

ビー玉を転がすという、シンプルかつ曖昧な表現手法は、
重い障害を“できない”の理由としない ゆうのゆうの意志の現れです。


生きることに介助者の存在が不可欠な人達が、
福祉・介護の“object/目的語”ではなく、ただ表現者として“subject/主語”となって
作るこれらの作品は、どの様に受け入れられるでしょうか。

人と人との関係性の象徴として、
支援の現場からの新しい発信です。


_____________________________________________________________________________


【収益について】
作品を通じての収益は、障害のある制作者に還元されます。
現在は年度末に1年分の売り上げが集計され、当方の施設を利用する
約130名の障害当事者に等分されています。
昨年度実績は1人7061円


【オーダー制作について】
色のご指定などを受けての受注制作も可能です。
デイサービスの活動時間内で制作を行っている為、概ね1ヶ月程お時間頂きます。


【略歴】
1992年 生活支援活動開始
2012年 リキテックスアートプライズ 最終選考
2016年 絵画リース事業開始
2020年 阪堺電気軌道(株)聖天坂駅舎 屋外常設展示
  作品制作に関わった障害当事者の人数は延べ200名以上】


【その他 活動について】
大阪市内で20年以上にわたり、重症心身障害者の地域生活支援を行っています。
デイサービスの他、グループホーム運営、ヘルパー派遣、地域交流、国際交流活動などを行っています。




〇法人ウェブサイト https://www.yourwing.org/index.php
〇インスタグラム  https://www.instagram.com/bdmat.1992/
〇メール      info@yourwing.org


_____________________________________________________________________________



We are a team of severely disabled individuals and their helpers.
We create abstract artwork by tracing with marbles.
Through our art, we hope to express our resolve and commitment to participating in society without using our severe disabilities as a reason that we cannot do things.



For people with severe disabilities, creating art without a helper is difficult. On the other hand, too much assistance can result in the artwork being the product of the helper.
Rolling marbles is a way to weave between the voluntary and involuntary to achieve a form of expression that excludes neither the severely disabled nor their helpers.

The canvas to be rolled is placed inside a box, then the severely disabled artist is propped up with the support of a helper. At first glance, the marbles covered in paint appear to move in the direction that the artist intended, but there is also involuntary movement that opposes the voluntary movement, causing the marbles to roll in unexpected directions.
Cerebral palsy causes involuntary movement to be intermingled with the voluntary, which results in artwork that is not dominated by the will of the helper. This simple and ambiguously intentional method of rolling marbles is a manifestation of Yūnoyū’s determination to prevent severe disabilities from being a reason that something cannot be done.
Will the “expressions” created by people who require helpers to live, be accepted as “subjects” not “objects”?
This novel concept from a place of support is a symbol of the relationships between people.


Profits from the artwork are distributed to the disabled artists.
Currently, proceeds are totaled at the end of the year then equally distributed to the approximately 130 disabled individuals who use our facility.
Last year, we made ¥7,061 in profit.


Custom orders with specific colors are also possible.
As the artwork is produced during the activity time of the day service, custom orders take about one month to complete.




We have been supporting the community lifestyles of people with severe mental and physical disabilities for over twenty years within the city of Osaka.
In addition to our day services, we operate a group home, dispatch helpers, and implement activities that help people interact with their communities as well as foreign cultures.


HP https://www.yourwing.org/index.php
Instagram https://www.instagram.com/bdmat.1992/
mail info@yourwing.org