紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE
Wastuwidyawan
  • [A106]

Wastuwidyawan Wastuwidyawan

Indonesia / インドネシア

  • 審査員賞
    Judge Awards
    2
  • レビュアー賞
    Reviewer Awards
    2
  • 審査員・レビュアー
    レコメンド

下のボタンより作家とお話しができます。
You can talk to artists online. Please press this button

※反映までに多少のお時間がかかります。
It will take some time for the site to reflect this.

プロフィール / Profile

Wastuwidyawan (wastu)

Born in Jakarta, 1986.

//

バンドン工科大学の絵画専攻を卒業後、2009年から2013年まで個展やグループ展に積極的に参加しています。 2012年から2020年まで、多くの有名なクライアントのためにデザインスタジオとカスタム壁紙製品を開発しました。

私の練習では、日常生活、家族、または都市の文脈での人々の描写を表すシーンを描き、それを絵画の予備スケッチとして写真で再現します。私はいつも写真とオールドマスターの絵画に魅了されていました。そして、これらの実践をすべての仕事に組み合わせようとしています。写真は、通常は文脈から外れたシーンを再現/ステージングすることがありますが、これらのことにより、プロセスがより面白くなります。

最終的な成果としての絵画については、美的アプローチだけでなく、絵画がそのプロセスに「課題」をもたらす方法についても考えています。プロセスを通じて生じた課題は、どういうわけか私にこれらの障害を処理することを余儀なくさせます。半瞑想状態。完成した絵画は、私が最初に持っていたものとは異なる期待を常に提供します。良いか悪いかではなく、謎めいた感じのようです。


//

After graduate from Painting Major in Institute Teknologi Bandung, I actively participate in Solo and group Exhibition from 2009-2013. From 2012-2020 worked and establishing a design studio and custom wallpaper products for many renowned clients.

in my practice, I draw a scene representing my daily life, family or any depiction of people in urban context, and recreate it with photography as a preliminary sketch for my painting. I always had a fascination on Photography and Old Master’s Painting, and I try to combine these practices in all of my work. Photography sometimes recreates/staged a scenes that usually out of context, but these things makes the process more interesting.

For the painting as the final output, i think not just only about the aesthetics approach, but also how a painting could deliver a ‘challenges’ on it’s process, and the challenges that came through the process somehow forces me to handle these obstacles in a semi meditative state. Finished Painting always deliver a different expectations from what i had in the beginning, nor good or bad, but more like an enigmatic feeling.