紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE
飛形 久志
  • [A023]

飛形 久志 Tobikata hisashi

Japan / 日本

  • レビュアー賞
    Reviewer Awards
    1
  • 審査員・レビュアー
    レコメンド

下のボタンより作家とお話しができます。
You can talk to artists online. Please press this button

※反映までに多少のお時間がかかります。
It will take some time for the site to reflect this.

プロフィール / Profile

今回出品する写真作品の特徴をひと言で表現するとすれば『水と光のコラボレーション』である。
私たちの周囲に溢れているモノ。それが水であり光。私たちにとって大切なモノであるにも関わらず普段は水だけ、または光だけを被写体とすることは少ない。だが、『水と光』が交差する瞬間に形成されるアート作品は、時折美しい被写体となり、その瞬間の数々をカメラは忠実に捕らえてくれる。水面に反射する光により出現するさまざまなアーティスティックな紋様、自然の織りなす美しい光景を画像として残していきたいとの思いを込めて現在撮影を続けている。
長年、風景や野鳥の写真撮影を続けてきたが、京都造形芸術大学通信教育部への入学を機にこれまでの被写体(風景や野鳥)を撮ることを封印し、新たな被写体を探し出そうとした。
さまざまな光景にカメラを向けていく中で、私たちの周囲にあふれている『水と光』が最適な被写体であるとの考えにいたった。
揺れる水面に反射する光、水鳥たちが水中にもぐる瞬間のしぶきを照らす光、噴水のはね上げを染める夕日等々。水に光が反射している光景を見かけるとカメラを構えてしまう日常である。
 私は、直視しなければ見逃してしまう不思議な現象に深い興味を持っており、今後も撮り続けたいと思う。その写真作品のひとつひとつがフォトアートとして多くの方々の目に止まり、留まることに期待したい。この先も『水と光』にかかわる自然現象を画像として記録する写真家、そして、新たな出会いを求め続けるフォトアーティストでありたいと考える。
最近の活動としては、写真展(個展、二人展、グループ展)の開催、公募展(JPS展、JPA展、地元である堺市展)への応募を行っており、入賞または入選が続いている。

【略歴】
生年月日; 1956年5月25日 
出身地および現住所 福岡県八女市生まれ 大阪府堺市在住
最終学歴;宮崎大学農学部卒業
京都芸術大学通信教育部在籍中

instagram

 Born in Yame city, Fukuoka prefecture in 1956, lives in Sakai city, Osaka prefecture.  To express the characteristics of the works exhibited this time , it is "collaboration of water and light." The things that overflow around us are "water" and "light."
Despite being something that is important to us, we usually rarely focus on water or light alone. However, the molding that appears at the moment "water and light" intersect becomes a beautiful subject, and the camera faithfully captures the various moments. I continue to shoot with the desire to leave a variety of artistic patterns that appear due to the light reflected on the water surface and the beautiful scenery of nature as an image.
After many years of taking pictures of landscapes and wild birds, I decided to find a new subject by blocking the photography of my previous subjects.
In the process of aiming the camera at various scenes and objects, we came to the idea that the "water and light" that surrounds us was the optimal subject. The light reflected on the swaying water surface, the light that illuminates the splash of water birds when they go into the water, the sunset that splashes the splash of the fountain, and so on.
When I see a scene where light reflects of water, I usually set up a camera. I am deeply interested in the strange phenomenon that I would miss if I didn't look directly at it, and I would like to continue shooting in the future. I hope that each and every one of those photographic works will be caught and caught by many people as photo art.
I would like to continue to be a photographer who records the natural phenomena related to "water and light" as images, and a photo artist who continues to pursue new modeling.