紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE
中島 祥吾
  • [A062]

中島 祥吾 Shogo Nakashima

Japan / 日本

  • 審査員・レビュアー
    レコメンド

下のボタンより作家とお話しができます。
You can talk to artists online. Please press this button

※反映までに多少のお時間がかかります。
It will take some time for the site to reflect this.

プロフィール / Profile

中島 祥吾

展示企画グループ「Funkotsu」所属。代表。
自身の心情を紙を用いて円で表現する。
学生時代に建築を学ぶが挫折。
2011年に独学で紙を複数枚使用する切り絵を始める。
”アートとクラフトの融合”
近年では作品に感情をぶつけつつもデザインを意識したものを作る。
2017年、この切り絵に「中島彫り」と名付ける。

Shogo Nakashima
Representative of "Funkotsu" , a group of exhibitions.
He expressed his feelings with circles through the use of paper cutting.
He studied architecture in a college but was frustrated.
In 2011 he started self educating himself on paper cutting and layering papers.
"Uniting arts and crafts"
In recent years he focuses on designing while expressing his feelings.
In 2017 , he named his work as "Nakashima Bori (caving)"

これまでの展示の様子と過去の作品はInstagramへ fk_nakashima
Funkotsuの活動 Funkotsu
MAIL nasho.fks@gmail.com

個展
2013年に出身地の島根県で初めての個展を開催
2017年春の展示から個展に「一向〇(ひたすらえん)」という統一のタイトルを付け年に2,3回開催

グループ展
イベント出展
2013年~ 毎年8月に島根県で公募展「KUNIBIKI」を開催と出展(Funkotsu企画)
2015年~2018年京都リンクプロジェクト「LINK展」出展
2016、2018、2019年島根県展デザイン部門出展
2017、2018年大阪ART stream出展
2018、2019年UNKNOWN ASIA出展

受賞
2017年ART stream 奨励賞、インター賞 受賞
2018年UNKNOWN AISA 村上雅彦賞、間宮吉彦賞 受賞