紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE
倉崎稜希 小谷くるみ 二人展 「there-was」
  • [A136]

倉崎稜希 小谷くるみ 二人展 「there-was」 Ryoki Kurasaki & Kurumi Kotani Duo Exhibition“ there-was”

Japan / 日本

  • 審査員・レビュアー
    レコメンド

下のボタンより作家とお話しができます。
You can talk to artists online. Please press this button

※反映までに多少のお時間がかかります。
It will take some time for the site to reflect this.

プロフィール / Profile

倉崎稜希 小谷くるみ 二人展 「there-was」
DMOARTSは倉崎稜希 小谷くるみ 二人展 「there-was」をUNKNOWN ASIA 2020 ONLINEに特別出展いたします。本展では、同世代である両作家の共通するコンセプト「痕跡」や「気配」、つまりそこにあったもの―「there-was」に焦点を当てています。
*本ブースは審査員賞・スポンサー賞・レビュアー賞対象外です。

DMOARTS is pleased to participate of “there-was,” a duo exhibition of works by Ryoki Kurasaki and Kurumi Kotani to UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE. The exhibition focuses on the concept of two contemporaries having in common ‘trace’ or ‘sign’ ― in other words, what ‘there-was.’
*This booth is not eligible for the Judge's Prize, Sponsor's Prize or Reviewer's Prize.

倉崎稜希 小谷くるみ 二人展 「there-was」
12/17 Thu. ー12/21 Mon. KITAHAMA N Gallery@THE BOLY OSAKA
https://dmoarts.com/exhibition/2020/there-was/



倉崎稜希|Ryoki Kurasaki
1995 福岡県北九州市生まれ
2016 九州デザイナー学院 卒業
倉崎は、命のメタファーとしての火を描き上げた作品に作用させることで完成させる。炎と熱によって発生する現象と物質、露出する空間と変形する支持体が、その作品の重要な構成要素である。本展では、油彩で描いたポートレートの目であった部分を燃やす絵画作品のほか、蝋で模った額装絵画が、火によって溶け出した新シリーズも発表する。

1995 Born in Fukuoka
2016 Graduated Kyushu Designer Gakuin
Kurasaki finishes his pieces of work by processing with fire as a metaphor for life.
The substances and phenomena—the exposed space and the transformed medium— that occurred by flame are his essential material. The exhibition "there-was" features the brand new series that wax-modeled framed painting melts by fire, as well as the partly burned portraited oil painting on the place where eyes are supposed to be.



小谷くるみ|Kurumi Kotani
1994 大阪府生まれ
2017 京都造形芸術大学油画コース卒業
2019 京都造形芸術大学修士課程修了
小谷は、時間・痕跡・気配というテーマのもと、主に絵画作品を発表している。本展では自身のオカルト・ホラーへの興味から発生し、画面全体が「窓」として想定され結露したガラスの表面に何者かが触れた痕跡が残されたた「21g」シリーズのほか、人類が地球に残した跡への言及を試み、作家にとってより重要となる「鉄錆」シリーズの新作を展示する。

1994 Born in Osaka
2019 Graduated the master's course at Kyoto University of Art and Design graduate school of Art Major, Art and Design Studies
Kotani presents mainly painting work in the theme of time, trace, sign—in other words, what there was.
The exhibition "there-was" features signature series "21g," the entire surface is compared as "window," and on the glass with condensation are traces of someone, and the series "Iron Rust," which is even more ambitious for the artist.