紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE
RIOP
  • [A070]

RIOP RIOP

Indonesia / インドネシア

  • 審査員賞
    Judge Awards
    1
  • レビュアー賞
    Reviewer Awards
    1
  • 審査員・レビュアー
    レコメンド

下のボタンより作家とお話しができます。
You can talk to artists online. Please press this button

※反映までに多少のお時間がかかります。
It will take some time for the site to reflect this.

プロフィール / Profile

Hello, my name is Riop
b. Jakarta, 1984

(日本語と英語でご利用いただけます-翻訳で伝わらない部分についてはご了承願います)
(available in Japanese and English - apologies if some things got lost in translation).

私が展示している作品は、グロドックシリーズというタイトルの作品からのものです。

グロドックはジャカルタの西部にありで、人口の大部分が中国系であるため、ジャカルタのチャイナタウンとして最もよく知られている地区です。

グロドックという言葉自体は、家への入り口を意味するスンダ語から来ています。私はこの意味に関連づけることができると感じています。大人になってからの大部分の時間を海外で過ごした私は、自分の家はどこにあるのだろうかとよく考えます。

私自身、半分中国人であるにもかかわらず、そこに住んだことはありません。それにもかかわらず、グロドックは私の心の中で特別な場所です。中国人である私の父が週末にいつも私を連れて行ってくれた私の子供の頃の最もよい思い出となっています。私たちはたくさんその場所を歩きました。正確には、私は父の散歩について行っていました。私たちはそこに行って簡単な朝食や昼食をとり、麺を食べてい、彼は私にスライスしたアイスクリームを買ってくれましたが、軽食や果物を買い、ミニマーケットでの買い物、薬を買い、家で見るための海賊版のvcd / dvdの購入に付き添わなければなりませんでした。彼は少しの祈りを捧げ、寄付をするために寺院に立ち寄りました、そして時々彼は道の理髪店に立ち寄っている間、私を待たせました。その年頃の少年にとってその散歩はとても退屈でしたが、、結局のところ、その日の終わりに父がプレイステーションのCDやおもちゃのコレクションを買ってくれたので気になりませんでした。食べ物やその他私の気に入ったものを買ってくれることが父なりの愛情表現であることを私は全く知りませんでした。グロドックを歩いているとあっという間に5〜6時間が過ぎていきました。

この特別な記憶が私にこの地域に対する親近感を与えてくれました。ジャカルタの他の場所を歩くときは用心深く警戒することが当たり前になっている一方、この場所では私は小さな路地まですべてを知っていて、何も気にすることなく気楽に歩きます。

10年間の海外での留学と仕事を経て、母に乞われ、2008年にジャカルタに戻り、ファッションフォトグラファーとしてのキャリアをスタートさせました。私はピーター・リンドバーグ、森山大道などの写真家のファンであり、パリ、ニューヨーク、東京で彼らのように写真を撮ることをずっと夢見てきました。しばらくの間、これは私の夢でした。そして私の仕事はそれを反映しています。でも、深く掘り下げてみると、パリやニューヨークや東京に行っても、その街の出身ではなくその街とのつながりを持っていないために理想とは違う写真を撮っていることに気づいたのです。私がこのグロドックシリーズを始めたのはその時でした。自分のルーツに再びつながりを持ち、、日常生活の中に美しさを見出すために自分が身近なものを見て写真を撮るようにしています。絵葉書のように美しいものではないけれど、そこにはたくさんの美しいものがあるのです。

私はファッション写真のバックグラウンドを有しており、グロドック周辺の人々のスタイル、彼らが着る服の種類、靴の種類とファッションとを組み合わせました。私が写真を撮るとき、そこにいる人々はいつも歓迎してくれています。自分のホーム、自分の縄張りで写真を撮るような気分です。写真を撮るためにそこに行くと、「ただいま」という言葉が心に響くような気がします。



The work I display is from my work entitled the Glodok Series.

Glodok is a sub-district in the west side of Jakarta, best known as the Chinatown of Jakarta because the majority of its population are ethnic Chinese.

The word Glodok itself comes from a Sundanese word that means an entrance to a house. I feel I can relate to this meaning. Having spent a chunk of my adulthood abroad, I often ponder where home is, for me.

I myself, despite being half Chinese have never lived there. In spite of this, Glodok has a special place in my heart. Some of the fondest memories of my childhood when my Chinese father would always bring me there on the weekends. We walked a lot there or to be exact, I was accompanying him walking around. We would go there to get a quick breakfast or lunch, eat noodles, he bought me sliced ice cream, but then I would have to accompany me to buy snacks, fruits, shop at the mini market, buy medicines, and buy pirated vcd/dvd for us to watch at home. He would stop by the temple to say a little prayer and make donations, then sometimes he would make me wait for him while he stop by at a barbershop on the road. All this walking for a boy my age was very tiring, but I don’t mind because I know at the end of the day, my father would buy me a playstation cd or even toy collections. Little did I know, this was my dad’s language of love, buying me food and other things that I like. We easily spent 5 - 6 hour walking around Glodok.

This particular memory gave me a sense of affinity to the area. I know all the small alleyways and would walk carefree, throwing caution out of the window, whereas I am very familiar with feeling cautious and wary when walking in other parts of Jakarta.

As a request from my mother, after 10 years of studying and working abroad, I came back to Jakarta in 2008 and started my career as a fashion photographer. I am a fan of photographers such as Peter Lindbergh, 森山 大道 (Daidō Moriyama) and I have always dreamed to take pictures in Paris, New York or Tokyo like them. For a while, this was a dream of mine and my work then reflects this. However, as I dig deeper into myself, I realise that even if I go to Paris or New York or Tokyo, I would take pictures differently from my idols, because I'm not from there, I don't have any connection to those cities. Thus was when I began this Glodok series. It's an effort to reconnect to my roots, to look and take pictures of what I am familiar with, to see the beauty in my everyday life, even if it's not postcard pretty, but I know there is a lot of beauty there.

With my fashion photography background, I combined the fashion with style from the people around Glodok, the kind of clothes they wear, the kind of footwear. The people there are always welcoming when I take pictures. Feels like taking pictures at my own home, my turf. When I go there to take pictures, feels like the word “ただいま tadaima” echo in my heart.