紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE
Dan Bailey
  • [A092]

Dan Bailey Dan Bailey

Britain / イギリス

  • レビュアー賞
    Reviewer Awards
    1
  • 審査員・レビュアー
    レコメンド

下のボタンより作家とお話しができます。
You can talk to artists online. Please press this button

※反映までに多少のお時間がかかります。
It will take some time for the site to reflect this.

プロフィール / Profile

Hello, I'm Dan.

きっかけは、2002年に英語を教えるためイギリスから日本に訪れたのが始まりだ。20代前半を英語教室のクラスで過ごし、夜はクラブに足を運び、ひたすらシャッターを切り、撮りためた写真をアウトプットするため2008年に「トウキョウダンディ(tokyodandy.com)」を立ち上げる。その後は、イベント撮影からオーガナイズ、DJ、コンテンツ制作、キャスティングといった幅広いキャリアをスタートさせるものの、生活の中心にはいつも写真があった。 

日常生活を記録する手段として、10年前から使い捨てカメラの冒険が始まった。ポケッタブルなスナップショットの感性は、一眼レフからの逃避であり、レタッチの無限の可能性に対するシンプルな手段となる写真そのものの美学だ。

長年にわたり、これまで捉えた一枚一枚の写真の持つ大きな意味を考え、それらを並び合わせて物語を形成することに多くの時間を費やしてきた。本展では、地域的、世代的、ジェンダー的なテーマを対比させることで、日本の文化は静的で同質であるという概念を魅せるために日々挑戦している。

DISPOSABLES BOOK https://www.danbailey.studio/product-page

My instagram @tokyodandy

I originally moved from the UK to Japan to teach English for a year in 2002, and I've lived here ever since. Having spent my early twenties in the classroom by day and in Tokyo live houses, karaoke rooms, and clubs at night I started the website tokyodandy.com in 2008 as a place to show my nightlife photography. This led to a career photographing events, hosting parties, DJing, content production, and casting. Photography remains at the core of what I do.          

My adventures with disposable cameras began about ten years ago. For taking shots of everyday life, the pocketable snapshot sensibility was an escape from the bulk of a DSLR camera—the raw aesthetic a simple antidote to the infinite possibilities of digital retouching.
 
Over the years, I've enjoyed spending huge amountstartedme considering the greater meaning of the images I’ve taken and sequencing them to form a narrative to express my experienced and subsequent views on cultural identity in Japan. DISPOSABLES challenges the concept of Japanese culture as being static and homogeneous by presenting and contrasting regional, generational and gender-based themes.