紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE
カラー書道家 鎌田惺舟
  • [A010]

カラー書道家 鎌田惺舟 Color Shodo Artist Seisyu-Kamata

Japan / 日本

  • 審査員・レビュアー
    レコメンド

下のボタンより作家とお話しができます。
You can talk to artists online. Please press this button

※反映までに多少のお時間がかかります。
It will take some time for the site to reflect this.

プロフィール / Profile

大阪府大阪市に生まれる。
5歳の頃より書道を習い、現代書の部門で毎日展・創玄展に出展し入選入賞を繰り返し
師範を取得。
書道の修練の上において静寂による無の境地のとりこになり、夢中になる。
2009年から色彩によるグラデーションでの作品制作を行うようになり京都の茶屋にて
初めてのカラーでの書展を開催することとなる。
そのカラーでの書作品を作る上で「カラーブラッシュアート」として活動をすることとなる。
その作品の作り方は、漢字の起源や意味、そしてフォルムから湧き上がるイメージと色彩で
グラデーションで表現する。そしてその世界を守るようにラメや膠を使用して、より立体感を表現するようになる。
漢字の書体でも象形文字や金文・篆書などの筆使いを好み取り入れて作品制作をしているという。
色彩でのグラデーションの趣には和のテイストが含まれ、平安時代の色彩を思わせる。
その色彩の広がりには無限の可能性あり、それは淡くはっきりとは知りえない空想させ世界を表す。
漢字が変化していき、新たな息吹をあげてそこに存在している様々な解釈を生み出している。
これからも続いていくカラーブラッシュアートの世界には無限の可能性があり、
色彩での表現を創造していきこれからも進化していくと容易に想像される。

2021年1月5日(火)~13日(水) 大阪市生涯学習センターにて
カラーブラッシュアート展「縁起のいい文字展」を開催します。
通常10時~19時 初日12時~ 最終日は17時まで 日曜祝日は17時までです。
https://osakademanabu.com/access

-------------------------------------------------------------
 カラーブラッシュアート
   鎌田惺舟(かまたせいしゅう) 
 Mail: kamata@brush-art-japan.com
 FB: https://www.facebook.com/brushart.j
 URL: https://brush-art-japan.com/
Instagram: brush.art.japan
-------------------------------------------------------------

Born in Osaka City, Osaka Prefecture.
Learned calligraphy from the age of 5 and exhibited at the Mainichi Exhibition and Sogen Exhibition in the modern book category and repeated winning prizes.
Obtained a master.
In the practice of calligraphy, he becomes captivated by the silence and becomes absorbed in it.
Since 2009, I have been producing works with gradation by color, and at a teahouse in Kyoto.
The first color calligraphy exhibition will be held.
In making a book work in that color, he will be active as "color brush art".
The way to make the work is based on the origin and meaning of the kanji, and the image and color that springs from the form.
Express with gradation. Then, using glitter and glue to protect the world, it comes to express a more three-dimensional effect.
It is said that even in the Kanji typeface, he prefers to use hieroglyphs, Chinese bronze inscriptions, and seal scripts to create his works.
The taste of gradation in color includes a Japanese taste, reminiscent of the colors of the Heian period.
The spread of its colors has infinite possibilities, which represent a faint, unclear, fantasy world.
The kanji is changing, giving a new breath and creating various interpretations that exist there.
There are endless possibilities in the world of color brush art that will continue in the future,
It is easy to imagine that we will continue to evolve by creating expressions in color.

January 5th (Tuesday) to 13th (Wednesday), 2021 at Osaka Municipal Lifelong Learning Center
We will hold a color brush art exhibition "Auspicious Character Exhibition".
Usually from 10:00 to 19:00, from 12:00 on the first day to 17:00 on the last day, and until 17:00 on Sundays and holidays.
https://osakademanabu.com/access

-------------------------------------------------------------
 Color Brush Art
   Seisyu Kamata 
 Mail: kamata@brush-art-japan.com
 FB: https://www.facebook.com/brushart.j
 URL: https://brush-art-japan.com/
Instagram: brush.art.japan
-------------------------------------------------------------