紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA 2020 ONLINE
Amenyan
  • [A018]

Amenyan Amenyan

Japan / 日本

  • レビュアー賞
    Reviewer Awards
    1
  • 審査員・レビュアー
    レコメンド

下のボタンより作家とお話しができます。
You can talk to artists online. Please press this button

※反映までに多少のお時間がかかります。
It will take some time for the site to reflect this.

プロフィール / Profile

皆様。
私は、東京都内で創作活動をしております
Amenyanと申します。

人々の目に見えない感情をテーマに、ジャンルを分けることなく創作活動に取り組んでおり、
ZINEでのアプローチや実験映像、ミュージックビデオ、
ストリートスナップを手がけ人間のリアルを切り取る事、
そして本来見えない感情の色を
作品に落とし込むことで創作活動をしています。

ジャンルは自分自身意識はしておらず
作品の意味以前に、その作品を見た時に感じた
感情を大事にしたい感覚が強いです。

今回出展させていただいた作品達は、
自分が大事にしている”衝動”的な感情で作った作品、
それから、いつも何を作ろうと決めて作る事はなく
自分の感覚的な色合いや、世界観が偶然に出来上がった
作品を優先的に、選びました。

是非、様々な視点で楽しんでみてください。

URL:https://nyankofilm-amenyan.localinfo.jp/pages/2003694/page_201806122052

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ladies and gentlemen.
I am doing creative activities in Tokyo
My name is Amenyan.

With the theme of people's invisible emotions, we are engaged in creative activities without dividing genres.
ZINE's approach, experimental videos, music videos,
Working on street snaps and cutting out human reality,
And the color of emotions that you can't see originally
I am doing creative activities by incorporating it into my work.

The genre is not conscious of myself
I felt when I saw the work before the meaning of the work
I have a strong sense of wanting to take good care of my emotions.

The works exhibited this time are
A work made with the "impulsive" feelings that I cherish
Then I don't always decide what to make
My sensuous color and world view were created by chance
I chose the work with priority.

Please enjoy it from various perspectives.

URL:https://nyankofilm-amenyan.localinfo.jp/pages/2003694/page_201806122052